The Banner Advises People In The Web Bar In Central Beijing “Conduct The Business Within The Rules, Self-regulate And Strive For Excellence”. In Order To Surf, Customers Must Have Their Photograph Taken And They Must Register With The Local Authorities With Their ID Cards.

中国政府が、新ドメインに対する制限を強化

香港 – 2015年5月25日 – PRNewswire – 中国は、最大規模のネットユーザー人口と強い購買力を誇り、.app、 .auto、.cameraなどの新ドメインに対する需要も今後増加していくものと想定されています。しかし、中国政府はこの市場に対する制限を今後更に強めていく模様です。この問題を考慮し、Brandmaは、6月21日から25日にアルゼンチンで開催されるICANNミーティングに代表者を参加させ、この件について関連するドメインレジストリやレジストラと意見交換を行う予定です。

中国政府は新たに「国内のインターネットセキュリティー強化の為の国内外におけるレジストリ及びレジストラの厳しい監督と管理のポリシー」の策定を進めています。インターネットやメディアの政府運営部門であるCyberspace Administration of China (CAC)は、Webサイト上において2015年4月から6ヶ月間に渡り特別方策を実施すると公示しました。中国内のレジストラには既にこの通達が行われ、Ministry of Industry and Information Technology 開始しています。

これは政府が中国内で事業を運営する権利に対して、 最初にその権限をトップレベルドメイン(top-level domain または TLD) に対して宣言したものです。これまで国内8および.TOP、.WANG、.CITIC、幾つかの中国語TLDを含む14のTLDのみがこの承認を受けています。一般的な.COM、.ORGや、国別コードの.CO、.MEなどもMIITのライセンスの要件に応じるよう求められています。

BrandmaのCEOであるChing Chiao氏は、ドメイン登録事業者は早急にこの新しい動きに対する中国市場での戦略を策定し、実行しなければならないと提言しています。また、Chiao氏は、「MIIT のライセンスはありますか?」これが昨今中国のレジストラが新ドメインの運用事業者に多く聞かれる質問であり、中国政府は様子見の期間を終えて、現在は率先的にアプローチをしています。また、状況があまり複雑になる前に、誰が実際に販売を行っているのかを把握しようとしている。と述べています。

Brandmaの新gTLD担当者Ms. Cathy Pengは、「このライセンスを得ることは、監査機関システムがどのように機能するか、その変化に対してどのように対応しなければならないかを理解することが必要とされています。これは、簡易版ICANNアプリケーションのプロセスのようなもので、ただ、今回は中国公用語のマンダリンで行われるという事になります。」と述べています。

CACによる公示はこちらでご確認ください。http://jp.brandma.com/wp-content/uploads/sites/4/2015/05/20150522News-Policy-Interpretation-of-Special-Operation-to-Regulate-Domain-Name-Registration-Service-Market.pdf.

詳細のお問い合わせはこちら:Ms. Cathy Peng

Ms. Cathy Peng

+86-10-650084677
cathy@brandma.co

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です